治療風景

あまね鍼灸マッサージ室は住宅街の一室にある完全予約制の女性鍼灸マッサージ師による治療室です。じっくりとお話を伺い、あなただけの治療を大切にします。

優しいはり、温かいお灸、心地よいマッサージで心も身体も元気になるお手伝いをいたします。

なお、男性への施術はご紹介のみとさせていただいております。

お知らせ

2018年5月24日(木)

6月のお休みのお知らせ

 

6月4日(月)・12日(火)・21日(木)・27日(水)

 

2018年4月20日(金)

5月のお休みのお知らせ

5月2日(水)・7日(月)・12日(土)・15日(火)・24日(木)・30日(水)

GW中も鍼療いたしております。お気軽にお問い合わせください。

 

2018年1月26日(金)

 

2月のお灸教室は

・2月16日(金) 15:00〜 16:00 定員3名 材料費1000円

テーマは『肩こり』です。

ご興味のある方、ご予約ください。

 

2018年1月18日(木)

お灸教室開きました!

・1月25日(木)お灸教室、定員により締め切りました!

 

2018年1月7日(日)

スケジュール更新しました。

 

2018年1月4日(木)

箱根駅伝「神奈川大学ありがとう!#神大いやほい!感動したぞ!来年頑張れ!」応援として、今年1年に渡り、神奈川大学生は治療費半額、卒業生は1000円割引とします!学生さんは学生証を忘れずに!!来年も出場できますように!!

  

2017年12月4日(月)

ホームページ更新しました。

休鍼日を不定休に変更しました。スケジュールをご覧ください。

あまね鍼灸マッサージ室

『大家さんと僕 これから』を読みました! (木, 15 8月 2019)
矢部太郎さんが描かれた『大家さんと僕 これから』を読みました これは手塚治虫賞を取られた『大家さんと僕』の続編で、1回に住む素敵なおばあさまの大家さんと、2階を賃貸している矢部さんのフィクション4コマ漫画です。 大家さんの昔ながらの上品さ、そして上品なユーモアに心が和む漫画なのですが、大家さんが亡くなり、その後に矢部さんが出版されました。 読んでみると、大家さんと矢部さんの程よい距離を取りながらお互いを思いやる関係がよく伝わる、前回を上回る作品だなあと感じました。 人間は「間..
>> 続きを読む

『がんを抱えて、自分らしく生きたいーがんと共に生きた人が緩和ケア医に伝えた10の言葉ー』を読みました。 (Tue, 06 Aug 2019)
 川崎市立井田病院の西智弘先生が書かれた『がんを抱えて、自分らしく生きたいーがんと共に生きた人が緩和ケア医に伝えた10の言葉ー』を読みました。 西先生を知ったのは武蔵小杉に西先生が理事をされている「暮らしの保健室」という相談所がきっかけです。→ https://www.kosugipluscare.com 私も開業する際に「健康について気軽に相談できる治療室にしたい」という想いがあり、「暮らしの保健室」と共通する部分もあったので興味がありました 西先生が行われているのは、まさ..
>> 続きを読む

『僕たちが選べなかったことを、選びなおすために。』を読みました! (Fri, 26 Jul 2019)
 写真家の幡野広志さんが書かれている「ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。」を読みました。「がん」という病気を通してどう生きるべきか。特に家族の関係について書かれている本です。非常に考えさせられます。 私の父も祖父も膵臓がんで亡くなっています。特に父方の親戚はほとんどが「がん」で亡くなっており、私も「がん」にかかる確率は他の方よりも可能性が高いのかなあとぼんやりと考えています 今や2人に1人が何がしかの「がん」に罹患する時代。何十年も「がん根絶」に向けて医療は挑戦..
>> 続きを読む